IMG_8660


株式会社イツノマが始動してから約1ヶ月。

当初描いていた事業計画はコロナショックで
まるごと見直し。

とはいえ、元々そんなに精緻に描いていたわけ
ではなかった適当さが幸いし、柔軟に。

都農町みんなの下請けとして中立的、フラット
な立場で、町民がいいまちだなって胸張って
もらえるまちづくりに全力投球していきます。

全く順番が前後して、謎のタイミングですが
会社の内容についてご紹介させて下さい!

IMG_8662
①社名の由来

都農町に移住して、起業すると決めた時から
社名に都農を入れることは決めてました。

ただ、「都農〇〇」とか「〇〇ツノ」にすると
都農だけのための会社と捉えられ拡がり感が
ないかなと、、

実際、UDSから引き継ぐ薩摩川内市の
まちづくりや、米原駅東口駅前開発など
他市町の仕事もあり。

都農を本拠地に、都農町のまちづくりで培った
社会モデルを全国の地方に拡げていく、
という妄想?理想を掲げているので、
どこに行ってもそんなに色がつかないよう
都農はさりげなく真ん中におこうと決めました。

そして大事なこととして、町内の高齢者の方々と
数多く接するので、短い日本語はマスト!

ということで4-5文字で真ん中を都農に。

そんな流れと、さりげない僕のスタンスや
強みを込めたいなと思った時に
いつの間に」がピタっとハマりました。

昔から、好きな言葉でした。

人生で頂いた、数少ない褒め言葉で多かった
いつの間にできてたの?」

いつの間に」には

僕が大切にしている、
スピード感
さりげな感
黒子感
が込められてると思ってたので、、

イツノマ、とさせて頂きました!


②ロゴデザイン

ロゴは、イツノマのクリエイティブディレクター
田尾友輔くんディレクション、田尾くんの盟友
中原みおさんにデザインして頂きました。


③PUBLIC LIFE DESIGN

イツノマではスローガンとして
PUBLIC LIFE DESIGN」と掲げてます。

僕らがやりたいフィールドは公共です。

まちづくりというとばくっとしてますが、

建物はもちろん、
でもその前に公共空間、スペース
もっと前に住民のアクティビティ

があると思ってます。

なので、LIFE DESIGNとしています。
(2月にコペンハーゲンでお会いできた
 ゲール・アーキテクツさんリスペクト!)

これまで公共=行政だったものを、
産官学フラットに考え、取り組んでいくのが、
必要なまちづくりだと考えてます。

潤滑油としてデザインとファシリテーション
を機能させるのがイツノマのミッションです。


④人からはじまる、まちづくり

もう一つ、スローガンとして掲げているのが
人からはじまる、まちづくり」です。

個人的に色んな仕事してきた中で、
一番長く、多く、深く、
そして常に取り組んできたのが人事です。

人事の中でも、パーソナルマネジメントが好き。

まちづくりで、マクロなグランドデザインは
もちろん考えるし面白いと思うけど、
やっぱりベースは住民一人ひとりにフォーカス。

徹底的に話聞いて、考え、聞き出して、議論して
たまにちょっと小競り合いがあったりもして、
でも、気がすむまで話たらあとはGO!みたいな。

そんなスタンスでまちづくりに臨みたいです。

という考えを反映してくれて
イツノマのイは、人に見える感じでデザイン
してます。

⑤仕事の種類

具体的にやる仕事の種類は大きくは6つ

・まちのグランドデザインづくり

 昨年、UDSとして一年かけて作った
 グランドデザインを実行ベースに!
 が今年のミッションだったのですが。。

 コロナショックを機会に大幅に見直し
 アナログの強みに、デジタルフレンドリーさ
 を加味して、老若男女が楽しめるまちづくり
 のデザインにシフトしていく提案企画中。

 薩摩川内市では、積年課題だった、
 「スマートシティ化推進」をいよいよ!!
 青年会議所、商工会議所&商工会青年部、
 さらには純心女子大学も参画してくれること
 になり、市長選までに政策提言したいです

・公共空間の企画・デザイン

 やっぱりまちには中心地が必要だと思い、
 商店街だった通りを徹底フォーカス。
 
 まずは僕らも入居してるコワーキング
 YARD1927を起点に、場づくりを進めます
 ソーシャル・ディスタンス前提で。

・店舗・施設の企画・運営

 企画は、都農町の道の駅、改修・増築を
 担当してます。基本設計はUDS。
 
 運営は、コワーキングスペースYARD1927
 日々の管理から、新たな会員募集や
 コロナ対応した上でのコミュニティ開発を

 8期目に入る薩摩川内市スマートハウスは
 今年はフューチャーセンター運営に集中。

・ワークショップのファシリテーション

 この一年で、上述のグランドデザインに
 巻き込んだり染み込んで頂くために
 500人のワークショップ計画を立てていた
 ため、大きな軌道修正。

 でも、そのおかげで、ZOOMによるオンライン
 のファシリとか、新しいスキルがつけられ
 そうで、今、一番有望な仕事と考えてます

・創業支援・経営コンサルティング

 都農町の自慢である都農ワインの中長期経営戦略
 をお手伝いさせてもらってます。
 
 折しもコロナでオンラインストア強化や
 ショップ、カフェ、さらにはホテルなど
 ワイン以外の収益源の開発が急務。
 
・キャリア教育・人材開発支援

 都農ワインのスタッフの皆さんと
 一人ひとりのビジョンヒアリングしたり、
 どこに行ってもやることは同じでした(笑)

 
⑥いつの間に!!!

コロナショックにより、ますますこれまでの
実績とか経験はゼロベースに。

イツノマとしても、全くゼロからのスタート

いつの間に都農でこんなことして
いつの間に都農がこんな素敵に!

と町内外で認めて頂けるよう、アクション一筋
頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

お仕事のご依頼も待ってます!!